「詐欺」カテゴリーアーカイブ

チョコレートを売りつけるおばさん

数年前、福岡県の小倉駅にちょっとした日帰り観光へ行った時のお話です。私と姉はある程度観光を済ませたあと、商店街で輸入食品などを主に売っているお店”KALDI”を見つけました。帰る前にそこで買い物をすることになり、中に入って店内をぶらぶら見回っていたところ、60代後半から70代前半の女性が感じよく話しかけてきました。店内は人で混雑していたので、私は買うものがなくお店の外で姉を待っていたところ、また先程の女性が目の前に現れ、また色々世間話を始めたのです。

姉はまだ買い物中で、私は時間を持て余していたので、その女性との会話は暇つぶしになると思い、お喋りをしていました。すると急に女性が「さっき近くの百貨店でドイツ製のチョコレートを買ってきた」と板チョコを幾つか見せてきました。外国のものなので見た目はおしゃれなパッケージで、少々値段はお高そうに見えました。そして「このチョコレート、たくさん買いすぎたから買わない?」と言うのです。値段はひとつ1000円だと。

私自身甘いものはなんでも大好きなので、「一つくらい買ってあげてもいいかな、人助けになるのなら」と思い、財布の中身を見たところ万札しかなく、しかも500円玉1枚しか所有していなかったので、その値段でいいのならと交渉してとりあえず1つは買ってあげました。その直後に”CALDI”から戻ってきた姉が、また同じことを言われ、板チョコ残り2枚を優しい姉は1枚1000円でその女性から買ってあげたのです。

帰宅して何気なくネットでその板チョコレートの値段を調べたところ、なんと板チョコ1枚300円だったのです! 私はそれほど大きな損ではありませんが、姉は1枚に付き700円ほどの損になってしまい、完全にその女性の口の旨さに騙され、本当に悔しい思いをしました。その女性は悪知恵を働かせて、CALDIのお店の前なら、外国物を高く売りつけても買う人がいる、と考えたのでしょうね。

板チョコレート

自己反省も含めて今だに腹が立っています。

半年前、経済的な悩みをかかえていて早くお金が欲しかった私は当時の仕事を続けながらなんとか別の高額バイトがないかとネットで検索しまくっていました。そんな時、”スマホでメールするだけの仕事”というのが目に入り、サイトを見てみると”会員様と会話して報酬をもらう”とあり、在宅でやるサクラのメールオペかなと思い、とりあえず登録をしてしまいました。

仕事の指示があるものと待っていたら、”○○さんがメールの返信を待っているので☆☆に会員登録をしてください”と本部から連絡が。そこで登録すると、今度は”○○さんはあなたとの会話をする為に××円支払っていますのであなたは△△円負担してください”この時点で変だと気づくべきでした…。しかし、メールのやり取りをすればお金が返ってくると浅はかに考えた私はこれが仕事の依頼だと勝手に理解して支払ってしまったのです。今思えばこれがワナの始まりでした。

メールは他愛もない話ばかりでおはようとかおやすみが多かった記憶があります。私は報酬方法を待つ為にあまり多く会話をしませんでしたけど、登録した翌日、本部から”○○さんがあなたに□□万円支払う手続きをしたのでパスを受ける為のテストを受けてください”と来ました。お金は高額で、パニックに陥った私は本人連絡をしましたが、相手は”あなたへの気持ちだから”の一点張り。私はしょうがないので必要な分だけ受けて後は返そうと思い、テストを受けました。ところが…。

テストは失敗。本部からは私のせいだとなじられました。しかしその後、”相手がどうしても私にお金を渡したいと申請しているのでもう一度特別にテストを受けてください”と言われ、その度に万単位のお金を要求してきました。相手が80%負担しているといった申し訳無さも手伝って、私は愚かにもどんどん支払ってテストを受けました。

最終的には支払った額が60万円になり、それでも通らないテストにうんざりした私はもうやめたいと本部に言ったところ、退会にあたっての違約金を請求してきたのです。この時点でやっと私は目が覚め、消費者センターに駆け込んだのです。

私は運が良かったのか相談して一ヶ月以内に50万円の返金が認められ、これがどういうものなのかを学びました。しかしながらこの手の詐欺は今だに広告を見かけます。焦っていたとはいえ自らが招いたことなので今後二度と引っかかることはないと思いますが、もし私と同じようにネットで仕事を探している方がいましたらどうかご注意を。

詐欺のイメージ