数年前に会社の同僚に貸したお金の話し

 

以前、勤めていた会社の同僚との出来事です。 同僚は、後から入社してきた年上でした。 同じ部署で年齢も近い事から仲良くしてました。昼めしを一緒にするなど、距離感も近かったと思います。 そんな彼があるとき、『3 万円を貸して欲しい』とのこと。 話を聞くと、お葬式やら結婚式のお付き合いが重なりピンチとの事でした。 私は両親に小さい頃から言われた通り、金銭のやり取りに関してはかなり警戒感を持っていて、もちろんした事はありませんでした。 それでも彼に何度か頼まれ根負けしてしまいました。

ただ、金額は貸しても自分が泣ける金額の1万円で、次の給料日に返すという条件でかしました。 それがどうでしょう。期日を過ぎても返却がありません。 問いただすと、『銀行に行ってる時間がない』などの言い訳ばかりでした。 そこで次の給料日には確実との事。 そこで仕方なく待ちましたが、信頼感はかなり失われました。 そして給料日近くのある日、彼はいなくなりました。

会社を無断欠席し、電話も解約、連絡が一切付かない状態になりました。 会社も心配して家を見に行きましたが、もぬけの殻だったそうです。 後でわかった事ですが、他の同僚からも借りていたそうで、多くの借金があったそうです。 結局今も音信不通です。

お札を渡す手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)